古銭に汚れや傷があっても洗わずにそのまま査定に出す

古銭に汚れや傷があっても洗わずにそのまま査定に出す

古銭は古い貨幣なので、汚れや傷があってもおかしくありませんし、むしろあるのが普通です。しかし、人によってはそのまま査定に出すと価値が落ちるのではないかと心配するケースもあります。確かに買取サービス全般で見ると、見た目の状態は良い方が高額査定に繋がりますし、古銭においても当てはまるように見えます。

 

しかし、古銭の汚れを落とすのは難しいです。長年の間蓄積してきた汚れですし、本格的に洗浄しなければならないことでしょう。ただし、本格的に洗浄するとなると、今度は古銭自体にダメージが行くことになりかねません。いくら綺麗になったとしても、古銭自体に洗浄の影響が出てしまっては逆に価値が落ちる結果になります。これを防ぐには古銭専門の汚れ落としを考える必要があります。

 

ただそこまでして汚れを落とすよりも、そのまま査定に出した方が実際は好印象であることも珍しくありません。それは汚れていたとしても、それまでの歴史を物語る風情が出るからです。実際にピカピカの古銭を見ると、「本当に歴史的価値があるのか」という疑問が出てきます。もちろん明らかに最近になってこびりついた汚れなどは取り除いた方がいいですが、染み付いているほどのものは無視するようにしましょう。また、業者によっては本質を見ずに汚れていることをマニュアルどおりに低評価にする鑑定士もいるため、そういったところではなく、査定に出す古銭そのものを見てくれる業者を選ぶようにしてください。

 


スピード買取.jpの評価 古銭は今が売り時 高価買取される古銭 古銭の買取相場とは?