古銭の種類 高価買取 チャンス

古銭の種類は4つ!どれが高価買取のチャンスあり!?

古銭をコレクションしている方は、日本だけでなく世界中にいます。だいたい大きく分けると銅貨、銀貨、金貨そして紙幣の4種類あり、1種類だけをとことん収集している方もいれば、いろいろな種類を豊富に収集している方など様々です。同じ古銭でも特徴が異なるので、覚えておくと買取をお願いする時など役に立つので、この機会に覚えておくと便利です。

 

まず銅貨と銀貨ですが、意外に劣化しやすくサビが付いている状態のものが多く見受けられます。当然、昔のものになればなるほど状態が悪いものがほとんどなので、平安時代以降〜江戸時代までのもので、状態が良い銅貨や銀貨があれば高価買取も期待できるかもしれません。一方、劣化しやすいと言えば紙幣も同じです。劣化しやすいと言っても銅貨や銀貨とはまた違い、破れやすくシミが付きやすいので扱いには最も気を付けなければいけません。

 

紙幣は近代になってから発行されたことから、状態が良いものが多いと思われがちですが、紙独自の落とし穴があるので、実は状態の良いものは珍しく価値があります。そして最後に金貨ですが、銅貨や銀貨とは異なり劣化しにくい特徴を持っています。しかし、金はいつの時代も貴重であった為、使えなくなったと同時に違う形に加工されている事が多く、そのままの状態で残っているのは珍しいことでも知られています。その為、状態の良し悪しに関わらず比較的、金貨は高価買取が期待できます。

 

もし家に古銭が眠っているのであれば、今が売り時だと言われてます。是非、検討してみてはいかがですか?

 


スピード買取.jpの評価 古銭は今が売り時 高価買取される古銭 古銭の買取相場とは?