エラーコイン 紙幣の価値

エラーコイン・紙幣の価値

エラーコイン、紙幣と言うのはいわゆる不良品である通貨を言います。刻印の2度打ちや影打ちなど様々な物がありますが、代表的なものとしては穴なし、穴ずれと呼ばれている5円硬貨や50円硬貨などです。中央部に穴をあける際に、作業工程で穴の位置がずれてしまった硬貨が稀ではありますが、市場に出回ることがあります。エラー紙幣と呼ばれるものも当然存在します。こちらも多くの種類がありますが、代表的なものはプリントミス紙幣です。こうしたエラー通貨はコレクターの間で高値取引されています。

 

エラーコイン、紙幣の査定額

エラーコイン、紙幣は通常市場に出回るものではありません。検査の段階で弾かれてしまうものと言えます。そのため、注意深くコインや紙幣を観察しているコレクターでさえも入手するのは困難です。だからこそ、特別な価値が生まれることになります。例えばエラーミスプリントの野口英世が描かれている千円紙幣では、通常は千円の価値しかないものですが、150倍から160倍と言う値段で売買されています。これはエラーと呼ばれるコインや紙幣では決して珍しい事ではありません。それほどの価格がしても欲しいと願うコレクターがいると言う証と言えるでしょう。

 

エラーコインの買取

それほど高値で取引されているエラーコインや紙幣ですからもちろん買取市場でも高額な査定額が付くことになります。もちろん販売されているほどの価格で買取はなされていませんが、それ相応の価格で査定されることになります。エラーコインを持っているエラー紙幣を持っているなら買取をお願いしてみると良いでしょう。

 


スピード買取.jpの評価 古銭は今が売り時 高価買取される古銭 古銭の買取相場とは?