古銭、大判・小判の価値は?

古銭、大判・小判の価値は?

古銭を買取してもらう場合、何と言っても高額で売れるのは大判・小判です。昔話などにもたくさん出てくるように、昔はお宝といえば、ダイヤや石油ではなく金で出来た大判・小判でした。現代でも価値は下がっていません。もし、大判・小判をたまたま見つけて手に入れたとしたらそれは大チャンスです。とんでもないお宝を見つけたかもしれません。

 

様々な大判・小判

大判・小判にも色々種類があります。一般的に大判・小判は豊臣秀吉の時代から作られ始めたと言われています。そして、豊臣時代から江戸時代まで作られ続けました。幕末、開国した当時、日本にやってきたアメリカ人は日本の小判の品質があまりにも高かったのでびっくりしたという話も残されています。小判に含まれている金の量が千分の一グラム単位で正確で、将来的に日本の技術は脅威になるかもしれないと感じたそうです。実際そのとおりになったのですが、百年前にそれを感じさせるくらい大判・小判というものはすごいものなのです。

 

実際の価値は?

代々蔵等を保有している家や身内に古銭収集をしていた方がいたりすると、希少価値のある大判・小判が出てくることがあります。中には百万単位、一千万単位と言うものもありますので一度査定してみると良いでしょう。もし、予想もしない価格がついても慌てて売らないほうがいいかもしれません。専門の買取店ではもっと高額になる可能性が十分にあります。買取してもらう買取店を検討してみましょう。

 


スピード買取.jpの評価 古銭は今が売り時 高価買取される古銭 古銭の買取相場とは?